株式会社ドラッグマガジングループ
DRUG topics ヘルスケア総合情報週刊紙 ドラッグトピックス
会社案内 アクセス
概要と最新号のご案内

ヘルスケア総合情報週刊紙 Drug Topics
体 裁 タブロイド判12〜40頁
発 行 毎週月曜日
年間購読料 18,730円
(税別・送料共)
週刊「ドラッグトピックス」は、1970年4月に創刊。OTC薬を柱にヘルスケア市場を対象としたダイナミックな紙面づくりが好評です。また、毎年「ヒット商品賞・話題商品賞」と「POP活用 店頭プロモーションコンクール」を開催。主な読者層は、ドラッグストア・薬局薬店経営者と幹部社員ですが、医薬品および健康産業メーカーはもちろん、卸業幹部にも愛読されています。
2017年6月12日号の主な内容
[特集 外用消炎鎮痛薬、アルフレッサ ヘルスケア「第2回ソリューション提案商談会]
「ソリューション提案商談会」特別インタビュー、アルフレッサ ヘルスケア 勝木尚社長
〜「提案商談会」も人材育成の一環
  世相を切る展示会「ライフサポートフェア」が定着しているアルフレッサ ヘルスケア(本社東京都)は、昨年からより実践的な「ソリューション提案商談会」を開始している。小紙では開催の狙いを勝木尚社長に聞いた。「人が全て」と語る勝木社長は、社長就任から8年間をかけて育ててきたMSの力を発揮する同商談会の内容に強い自信を見せる一方、同商談会を通して、さらに「棚割りを語れる人材育成につなげる」との考えを示した。
 
…1面
特集 外用消炎鎮痛薬
〜メーカー各社は積極的に使い分けを提案
  市場調査会社・富士経済の調査では、2016年の外用消炎鎮痛薬の市場規模について、前年比2・2%増の465億円が見込まれている。10年以降から続いていた市場の縮小に終止符を打った格好である。この好調を維持していくには、分かりやすい店頭展開が不可欠であり、メーカー各社は自社ブランド内で使い分け提案≠積極的に取り組む。セルフ販売が中心となる店頭は、ニーズに合致した製品を選んでもらうべく、生活者にどう製品特長を伝えていくかで勝負し、市場活性化につなげたい。
  「注目ブランドレポート」
 
久光製薬「サロンパス」「フェイタス」「サロンシップ」「エアーサロンパス」
〜販促のカギは生活者に向けて製品特長を「どう伝えるか」
第一三共ヘルスケア「ロキソニンS外用薬」シリーズ〜7カ月で年間売上予測を上回る、薬剤師「要指導医薬品の象徴」と認識
興和「バンテリンコーワEX」シリーズ
〜売り場で想起購買される販促展開にも注力、痛みをトータルサポートするラインアップ
ライオン「ハリックスほぐリラ」シリーズ
〜化粧ポーチにも入る小ささのロールオン形状が女性にも使いやすい
佐藤製薬「サロメチール」シリーズ
〜「運動前の赤」「運動後のジクロ」、使い分けの提案でニーズに応える 
小林製薬「アンメルツNEO」
〜鎮痛成分ジクロフェナク製剤に3種の血行成分配合
祐徳薬品工業「パスタイムZX」シリーズ
〜OTC貼付剤初のジクロフェナク2%配合
 
…5〜9面
特集 アルフレッサ ヘルスケア主催「第2回 ソリューション提案商談会」大特集
〜「売り場」「顧客づくり」「顧客接点」の変革を提案
  昨年始動したアルフレッサ ヘルスケア(本社東京都)主催の「ソリューション提案商談会」がバージョンアップして今年も開催される。少子高齢化、ネット社会といった環境変化に応じた提案とともに、具体的な売り場、棚割り、商品構成まで落とし込んだ実践的な商談会に、業界関係者からの注目度は高い。同提案商談会に込めた熱い思いについて、同社の関係者に話を聞いた。
 
…10〜14面
「ドラッグトピックス」最新号表紙



2017年6月5日号の主な内容
[特集 アイケア]
第1回日本老年薬学会学術大会開催、「薬を減らすこと」も薬剤師の仕事
〜有害事象が生じやすい高齢者は服薬確認をより慎重に
  ポリファーマシー─今、薬剤師の間で最も注目度の高い言葉の一つである。5月14日に都市センターホテル(東京都)において開催された第1回日本老年薬学会学術大会でも、ポリファーマシーは幾度となく取り上げられ、熱い議論が交わされた。ポリファーマシー自体は、性別、年齢を問わず起こるものだが、特に高齢期におけるポリファーマシーが問題視されるのは、それによりQOLが脅かされる恐れが大きいためである。同学術大会では、ポリファーマシーから高齢者を守るのは、薬剤師の大きな役割であることが改めて強く訴えられた。 
 
…1面
特集 アイケア
〜市場支える高機能・高価格帯目薬
  地域差は多少あるものの、徐々に落ち着きつつあるインバウンド消費を横目に、実に堅調な推移をみせているのが点眼薬市場だ。その背景には、高機能・高価格帯目薬の台頭がある。2016年には各社が新製品の上市や、既存商品のリニューアルを実施。今後もその拡大基調は続くだろう。
  「注目ブランドレポート」
 
参天製薬「サンテメディカル」シリーズ
〜目の疲れ・かすみに原因別アプローチ
ロート製薬「『ロートジー』スライム型目薬」
〜「ロートジー」発売30周年を記念し、「ドラゴンクエスト」とコラボ
ライオン「スマイル40プレミアム」
〜視覚機能を正常化する ビタミンA
メディトレック「meruru」
〜指を使わず衛生的にコンタクトレンズを着脱
 
…4〜5面
「低栄養」のeラーニング始動、6月からJAHIの認定制度で!
〜医療機関から地域へ、介護食のシームレス化を
  薬高齢者が虚弱(フレイル)状態に落ち込む要因の一つとして、低栄養の存在が指摘されている。薬局やDgSでも、低栄養に関する相談機能を強化する方向にあるが、このほど店頭のスキル向上に資するeラーニングプログラムが始動する。日本ヘルスケア協会(JAHI)が「コンシェルジュマスター認定制度」の一環として6月からスタートするものだ。介護食提供における医療機関と地域のシームレス化、そして健康寿命延伸への貢献に向けて、多くの店頭スタッフからのアクセスを期待したい。
 
…8面
「ドラッグトピックス」最新号表紙




概要と最新号のご案内バックナンバーイベント紹介書籍案内購読・購入のお申し込みお問い合わせ

プライバシーポリシー

このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社ドラッグマガジンに帰属します。


All Rights Reserved, Copyright (C) 2006, Drugmagazine Co.,Ltd.
HOME ドラッグマガジン ドラッグトピックス クリニックマガジン ことぶき 概要と最新号のご案内 バックナンバー イベント 書籍案内 購読・購入のお申し込み お問い合わせ