株式会社ドラッグマガジングループ
DRUG magazine 薬業界 経済・経営専門月刊誌 ドラッグマガジン
会社案内 アクセス
バックナンバー

Drug magazine
体 裁 A4変型判90〜160頁
発 行 毎月1回1日
月刊誌「ドラッグマガジン」は、1958年9月創刊以来、医薬品業界の発展・振興のための企画に徹し、オピニオンリーダーの役割を果たしてきました。2007年4月号より誌面の大刷新を図り「明日が今、見える」専門誌に編集方針を大転換し、「薬業界 経済・経営専門誌」として新創刊しました。読者層は、ドラッグストア・薬局薬店・調剤薬局を中心に医薬品・健康産業メーカーおよび医薬品卸業の経営者と幹部社員が多数を占めます。年間購読料には、毎年3月発行の別冊「薬業・医療・医薬品・健康食品・企業オール・データ&ランキング」号が含まれます。

2017年3月号の主な内容
【特集】 ドラッグストア薬剤師のコンプライアンス問題
 
  [REPORT] 健康サポート薬局の帰趨占うコンプライアンス遵守の取り組み
分業バッシング戒めにアピールしたい薬剤師職能と薬局機能
[寄稿] 「『患者のための薬局ビジョン』めぐる企業利益と薬剤師倫理」
 
赤羽根 秀宜氏[中外合同法律事務所弁護士]
インタビュー1 「かかりつけ薬剤師・薬局機能推進の本質は求められるアウトカムの実現」
久保 隆氏[ネグジット総研 取締役 常務執行役員/経営コンサルタント]
インタビュー2 「安心して薬物治療を受けるため薬剤師に望む『役割の見える化』とは」
山口 育子氏[認定NPO 法人ささえあい医療人権センターCOML(コムル) 理事長]
トピック 「地域薬局が遵守すべき企業コンプライアンスとは」
クオール薬局飾磨店(兵庫県姫路市)
【特別対談】 妊婦、授乳婦と薬
 
  妊婦、授乳婦への禁忌に見直しの機運
“添付文書ありき”から脱却を
村島 温子氏[国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター 主任副センター長/妊娠と薬情報センター センター長]
佐々木 豊氏[愛知県薬剤師会 会計理事/豊橋市薬剤師会 副会長/ゆたか調剤薬局代表取締役]
【DgS インタビュー】 老舗が挑むコミュニケーション能力基点にした“マイファーマシー”
 
  大賀 崇浩氏[大賀薬局 代表取締役副社長]
【インタビュー】 社会的要請も高まる「女性のヘルスケア」への対応
 
  いまだ認知度低いPMS/PMDD、薬局は相談先としての役割大きい
武田 卓氏[近畿大学東洋医学研究所 所長]
【連載】
 
行政ウォッチング
宮坂佳紀氏[メディカル・テン 代表]
経営力を強化するための処方箋
金子尚貴氏[税理士法人アフェックス 公認会計士 税理士]
Global Report
インフォーマ社 イアン・ロイド氏
薬局・ドラッグストアが目指す地域包括ケアシステムのかたち
榊原幹夫氏[公益財団法人杉浦記念財団 事務局長]
Rediscovery in U.S.〜知られざる米国最新流通業界事情
新地昭久氏[RMI 代表]
ビジネスナビ(217)櫻井秀勲の世相“解体新書”
【主張】
  薬局のネットワーク化でできること、健康指導への参画など模索進む
【カラー】 第1類医薬品として排卵日予測検査薬が相次ぎ上市
【カラー】 「2017 OHKI 春夏用カテゴリー提案商談会」盛大に
  〈大木ヘルスケアホールディングス〉
【カラー】 松井秀夫氏が「平成28年度薬事功労者厚生労働大臣表彰」を受賞
【REPORT】 進化する物流システム
  労働力不足を背景にした省人化が課題に〈PICK UP 企業〉椿本チエイン(大阪府)
【カラー】 第29回「ヒット商品賞・話題商品賞」表彰式開かれる
【特集】 進化する調剤業務サポートサービス〈Part2〉
  負担増大懸念される薬局業務を技術活用で効率化へ
■座談会 「薬局運営の現状と各種支援サービスの展望」
森澤 あずさ氏[アインホールディングス 運営統括本部 運営研修部 部長]/神野 和官氏[ファーマみらい 執行役員 事業推進部 副部長]/
金指 伴哉氏[薬樹 情報本部 本部長(薬樹健ナビ 代表取締役)]
■各種サービス紹介 リクルートメディカルキャリア/東邦薬品/パナソニック ヘルスケア/エムティーアイ/大木
【Pick up】 UHA味覚糖
  すすぐ、みがくケアに、食べるケアも
Drug magazine最新号表紙

Drug magazine最新号

村島 温子氏×佐々木 豊氏による特別対談「妊婦、授乳婦と薬」。
“添付文書ありき”からの脱却の必要性が指摘された



概要と最新号のご案内バックナンバー書籍案内購読・購入のお申し込みお問い合わせ

プライバシーポリシー

このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社ドラッグマガジンに帰属します。


All Rights Reserved, Copyright (C) 2006, Drugmagazine Co.,Ltd.
HOME ドラッグマガジン 概要と最新号のご案内 バックナンバー 書籍案内 購読・購入のお申し込み お問い合わせ