株式会社ドラッグマガジングループ
DRUG magazine 薬業界 経済・経営専門月刊誌 ドラッグマガジン
会社案内 アクセス
バックナンバー

Drug magazine
体 裁 A4変型判90〜160頁
発 行 毎月1回1日
月刊誌「ドラッグマガジン」は、1958年9月創刊以来、医薬品業界の発展・振興のための企画に徹し、オピニオンリーダーの役割を果たしてきました。2007年4月号より誌面の大刷新を図り「明日が今、見える」専門誌に編集方針を大転換し、「薬業界 経済・経営専門誌」として新創刊しました。読者層は、ドラッグストア・薬局薬店・調剤薬局を中心に医薬品・健康産業メーカーおよび医薬品卸業の経営者と幹部社員が多数を占めます。年間購読料には、毎年3月発行の別冊「薬業・医療・医薬品・健康食品・企業オール・データ&ランキング」号が含まれます。

2016年5月号の主な内容

【特集】
 
  在宅医療で薬剤師が直面する「看取り」の問題点
【REPORT 多死社会を迎えて薬局・薬剤師に求められる看取りの手引き】
患者の死に直面して“挫折”する要因の1つは「死生観」の欠如
【寄稿@】「終末期を多職種で支えるEOL(エンド・オブ・ライフ)ケアチームの現状」
国立研究開発法人国立長寿医療研究センター
緩和ケア診療部 西川満則氏[医師]/薬剤部 久保川直美氏[緩和ケア専門薬剤師]
【寄稿A】「看取り現場で薬局薬剤師ができること」
ファーマシィ(広島県) 山根暁子氏[薬剤師]
【インタビュー@】「看取りは『案ずるより産むがやすし』恐れずにいけ」
一般社団法人日本在宅薬学会理事長/
ファルメディコ代表取締役社長 狭間研至氏[医師]
【インタビューA】「薬剤師が持つべき死生観」
関西学院大学大学院 人間福祉研究科教授 藤井美和氏
【DgS トップインタビュー】
  VOL.1 寄稿 健康保険組合連合会 理事 幸野庄司氏[中央社会保険医療協議会 委員]
費用負担以上に患者にメリットの方が大きい「かかりつけ指導料」
【特集】 DgS・調剤チェーンの薬剤師採用動向と人材サービス企業
  制度的に無理ある“かかりつけ薬剤師”
情報を共有し、一律サービス享受の仕組みづくりを!(前篇)
平野 健二氏[サンキュードラッグ(福岡県) 代表取締役社長]
【カラーグラビア】 カラーグラビア特別インタビュー
  「プレミアム」投入し「ロキソニンS」シリーズを次代の大型品へ
「生活者が起点」の理念を貫く
西井 良樹氏[第一三共ヘルスケア 社長]
【新薬企業に聞く】
  “成熟市場・糖尿病”の周辺に広がるアンメットメディカルニーズに挑む
秦 克美氏[三和化学研究所 社長]
【連載】
 
行政ウォッチング
宮坂佳紀氏[メディカル・テン 代表]
経営力を強化するための処方箋
金子尚貴氏[税理士法人アフェックス 公認会計士 税理士]
Rediscovery in U.S. 〜知られざる米国最新流通業界事情
新地昭久氏[RMI 代表]
Global Report
インフォーマ社 イアン・ロイド氏
ビジネスナビ(207) 櫻井秀勲の世相“解体新書”
【主張】
  生き残るのは「個店」でもなく、「DgS」でも「調剤チェーン」でもなく、「健康サポート薬局」だ
【トピック】 スズケンが名南物流センター稼働式を開催
  宮田社長「医療物流プラットフォーム構想」を掲げる
【カラーグラビア】 CLOSE UP ムンディファーマ『 イソジン』ブランド
  感染症対策へプロモーション強化
【短期集中連載】 「今回の改定を私はこうみる」
  VOL.2 インタビュー 日本医師会 常任理事 松本純一氏[中央社会保険医療協議会 委員]
「かかりつけ指導料」で患者さんの同意を得てこそ患者さんとの距離が縮まり本来の力が発揮できる
【特集】 漢方・生薬製剤
  再成長の局面を迎えているマーケット
【ヘルスケア部門管掌担当者インタビュー】
  新タイプの胃腸薬『タナベ胃腸薬ウルソ』で開くセルフケアの新たな領域
山下雅史氏[田辺三菱製薬 ヘルスケア事業部マーケティング企画グループ グループマネジャー]
【Voice】
  薬学生に伝えたい「チャンスがある限り、挑戦し続けること」の大切さ
岡田優一郎氏[東京メディカルスクール 代表取締役]
【クローズアップ】 第1回「医療用から要指導・一般用への転用に関する評価検討会議」開催
  スイッチOTC薬促進の新たな枠組みに
Drug magazine最新号表紙

Drug magazine最新号

『看取り』に薬局・薬剤師はどのように対応していくのか


概要と最新号のご案内バックナンバー書籍案内購読・購入のお申し込みお問い合わせ

プライバシーポリシー

このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社ドラッグマガジンに帰属します。


All Rights Reserved, Copyright (C) 2006, Drugmagazine Co.,Ltd.
HOME ドラッグマガジン 概要と最新号のご案内 バックナンバー 書籍案内 購読・購入のお申し込み お問い合わせ