株式会社ドラッグマガジングループ
DRUG magazine 薬業界 経済・経営専門月刊誌 ドラッグマガジン
会社案内 アクセス
バックナンバー

Drug magazine
体 裁 A4変型判90〜160頁
発 行 毎月1回1日
月刊誌「ドラッグマガジン」は、1958年9月創刊以来、医薬品業界の発展・振興のための企画に徹し、オピニオンリーダーの役割を果たしてきました。2007年4月号より誌面の大刷新を図り「明日が今、見える」専門誌に編集方針を大転換し、「薬業界 経済・経営専門誌」として新創刊しました。読者層は、ドラッグストア・薬局薬店・調剤薬局を中心に医薬品・健康産業メーカーおよび医薬品卸業の経営者と幹部社員が多数を占めます。年間購読料には、毎年3月発行の別冊「薬業・医療・医薬品・健康食品・企業オール・データ&ランキング」号が含まれます。

2016年1月号の主な内容

【特別レポート】 震災の中から生まれた多職種・地域連携「KNOAH」
 
  多職種が他職種を支えるコミュニティーの形成に寄与
ゼロベースの状況から芽生えた共通の思い
【現地レポート・KNOAH 解説・東日本大震災アーカイブ】
【インタビュー】
武田雄高氏[南郷調剤薬局代表取締役 宮城県薬剤師会理事]
石崎雅人氏[東京大学 大学院情報学環 教授]
村上悦子氏[気仙沼市保健福祉部 健康増進課 課長、市民健康管理センター所長]
菅原宣昌氏[気仙沼市保健福祉部 高齢介護課 課長]
【新春特別対談】 あるべき社会保障制度と薬局の姿
  薬局は保険収入をスプリングボードに栄養・食事も包括提供する産業へ変革を
“賢い支出”と同時に産業を育成してこそGDP600兆円の成長が描ける
新浪剛史氏[サントリーホールディングス代表取締役社長、経済財政諮問会議議員]×中村 勝氏[クオール代表取締役社長、日本保険薬局協会会長]
【好評連載】 地域包括ケア参画は薬局存続の要諦
  〜VOL.10 東京都品川区の多職種連携事業〜
ICTとエーザイの協働で信頼構築を後方支援
助言や調整機能果たせる周辺産業も参画
■インタビュー:品川区医師会副会長・酒寄 享氏/品川薬剤師会会長・加藤 肇氏/エーザイ統合マーケティング本部医薬品アクセス推進部ホームケアマーケットリーダーディレクター・小梶卓哉氏
【DgS トップインタビュー】
  仕上げ段階に入った「都心型B&H+調剤」のフルスペック業態
独自の都心型拠点戦略で仕掛けるワンストップショッピング
天野信二氏[アマノ(愛知県) 代表取締役社長]
【連載】
 
行政ウォッチング
宮坂佳紀氏[メディカル・テン 代表]
Rediscovery in U.S. 〜知られざる米国最新流通業界事情
新地昭久氏[RMI 代表]
経営力を強化するための処方箋
金子尚貴氏[税理士法人アフェックス 公認会計士 税理士]
Global Report
データモニター社 イアン・ロイド氏
ビジネスナビ(203) 櫻井秀勲の世相“解体新書”
【主張】
  “薬業界の秩序ある繁栄”に向け、本誌は今年も深層発信に注力
【対談】 臨床現場からも評価高まる服薬ゼリーの展望
  薬剤師ならではの視点で薬を「きちんと飲める」
「きちんと効かせる」を重視した開発の歴史
宮坂勝之氏[聖路加国際大学大学院 周麻酔期看護学 特任教授]×福居篤子氏[龍角散 執行役員 開発本部長]
【新春論壇】
  「変わりゆく環境への対応」
・漆畑 稔氏[日本薬剤師会 顧問]
・木内祐二氏[昭和大学 薬学部 薬学教育学]
・繁村京一郎氏[野村證券 エクイティ・リサーチ部 医薬・ヘルスケアチーム・ヘッド]
・清水 徹氏[みずほ情報総研 社会政策コンサルティング部 医療政策チーム コンサルタント]
・樋口 俊一氏[日本医薬品登録販売者協会 会長]
・平野健二氏[サンキュードラッグ 代表取締役社長]
・堀美智子氏[日本女性薬局経営者の会 会長]
・宮坂佳紀氏[メディカル・テン 代表]
・宮原富士子氏[Healthy Aging Projects for Women(HAP) 理事長]
・三好 昇氏[北海道江別市 市長]
・宗像 守氏[日本チェーンドラッグストア協会 事務総長]
【トピック】 日本抗加齢協会「NIPPON を元気にする!2015」開催
  制度認知へ、医師・薬剤師ら資格者にナビゲート役を要請
Drug magazine最新号表紙

Drug magazine最新号

震災の中から生まれた多職種・地域連携『KNOAH』


概要と最新号のご案内バックナンバー書籍案内購読・購入のお申し込みお問い合わせ

プライバシーポリシー

このホームページに掲載の記事・写真等の無断転載を禁じます。
すべての著作権は株式会社ドラッグマガジンに帰属します。


All Rights Reserved, Copyright (C) 2006, Drugmagazine Co.,Ltd.
HOME ドラッグマガジン 概要と最新号のご案内 バックナンバー 書籍案内 購読・購入のお申し込み お問い合わせ